HOME / わじまのお魚 / 春夏秋冬のお魚たち / 冬
輪島 春のお魚 輪島 夏のお魚 輪島 秋のお魚 輪島 冬のお魚

冬のお魚たち

輪島の海で取れる冬の魚たちをご紹介します。

加能ガニ(石川県産ズワイガニの雄)

加能ガニ/石川県産ズワイガニ

『加能ガニ(石川県産ズワイガニ)』とは、石川県沖で水揚げされた雄のズワイガニのこと。『加能ガニ(石川県産ズワイガニ)』には【青タグ】が付けられ、輪島、蛸島、富来、橋立、金沢などの水揚げされた港の名前が記されています。
旬の季節は、冬(11月から2月)が最も美味で、冬の日本海を代表する「味覚の王様」とも呼ばれます。品質は折り紙つきで特徴は殻の柔らかいこと、身がぎっしり詰まってふっくら、ぷりぷりした歯ごたえと極上の甘み、カニ味噌がタップリ詰まっていることです。

特徴・PR 毎年11月に行なわれる【輪島かにまつり】は、『加能ガニ(石川県産ズワイガニ)』の販売をはじめ かに汁、かに飯など日本海側有数の『加能ガニ(石川県産ズワイガニ)』の水揚げ港【輪島】ならではの ”かにづくし” の味覚の祭典!!ぜひお越し下さい。
漁期 11月6日~翌年3月20日
食べ方 刺身、塩茹、鍋物、蒸しガニなど
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

コウバコガニ(石川県産ズワイガニの雌)

コウバコガニ/石川県産ズワイガニの雌

北陸ではズワイガニの雌を『コウバコガニ』と呼びます。能登の冬の「味覚の女王」です。『コウバコガニ』は子孫繁栄のため、11月6日~12月29日が解禁期間です。
『コウバコガニ』は、上品で甘みがある肉とこってりした味のカニ味噌、雌の卵巣(内子)と腹に抱えた卵の外子を酢醤油につけて食べると絶品の味わいです。>>11月6日~3月20日 『加能ガニ解禁!!』

漁期 11月6日~12月29日
食べ方 刺身、塩茹、鍋物、蒸しガニなど
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

ぶり(ふくらぎ・らぎ)

輪島 ブリ(フクラギ・ラギ)

ぶりは成長の度合いによって名前が変わる出世魚です。石川で「ふくらぎ」と呼ばれる旬の時期は8月下旬から10月中旬までです。

また正月ころのものは特に寒ブリと呼ばれ、脂が乗っており刺身や照り焼きなどにすると美味。

漁期 通年
食べ方 刺身、照り焼、ブリ大根(煮付け)、ブリしゃぶなど
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

マダラ(真鱈)

輪島 まだら

身を干物にした”棒鱈」(ぼうだら)”も様々な料理に使われるが、生のものを料理する際は傷みが早いことや身が柔らかいことに注意する必要がある。
また、”白子(しらこ)”と呼ばれる精巣もこってりとした味で珍重され、流通する際はメスよりオスの方に高い値がつきます。
マダラのたらこ(卵巣)はスケトウダラよりも硬いのですが、未熟なものは柔らかくスケトウダラよりも大型でボリュームがあるため、煮付けや焼き物、炒め煮にするとまさに美味です。北陸地方では”真子(まこ)”と呼ばれ良く食される逸品です。

特徴 魚偏に雪と書くのは、初雪の後に獲れ出すからとも云われる。鱈は何でも食べる雑食性で貪欲なため、100種類以上もの餌を食べる。”たらふく食う!”は、文字通り鱈の腹のようになるまで食べる様子からきている。マダラ(真鱈)は、タラ目タラ科に属する魚類。タラ・ホンダラなどとも呼ばれます。マダラは年間50%ずつ体重を増やすほど大食いの魚です。大きいものは体長1メートル、体重20キロに達するものも。寿命は10年ととても長生きです。
漁期 産卵期にあたる11月~3月上旬の冬が旬。
食べ方 身は柔らかく脂肪の少ない白身で、ソテーやムニエル、フライなどの他、よく汁物や鍋物などの旬の料理に使われます。身は鍋物や昆布締め、頭やざんは澄まし汁に。
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

アンコウ

輪島 あんこう

海底に潜み、動きもせず餌をとるアンコウ。つぶれたような平たい体や大きな口などグロテスクな姿のわりに淡白な味で、冬の食卓には欠かせない魚です。

11月下旬から出回り、厳寒の時期が最もおいしい。

漁期 9月から3月(最盛期:11月から2月)
食べ方 鍋物、刺身など
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

ミズダコ(水蛸)

輪島 ミズダコ 食材として評価は高く、タコ刺し、タコしゃぶなど、色々なレシピでおいしく食べられる。
タコは、腕(足)の方が利用する価値は高いとされる。しかし、産地により足より胴(頭)の方が食され利用頻度は高い(足よりも頭の方が安いという事情もある)ケースもある。その他の部位として、口(顎板:通称タコトンビ)も食用とされる。

特徴 ミズダコ・ミズタコ(水蛸)は軟体動物八腕類上目マダコ科に属するタコの一種で、世界最大のタコでもある。輪島では30キロを超える物も珍しくない。寒海性のタコで、主に日本の以北の海に広く分布し、北太平洋が主な生息場所になる。カナダをはじめ、北アメリカ沿岸部にも生息している。
食感・栄養分 マダコにくらべて皮膚だけでなく、肉質も柔らかく、水っぽいのでコクが強いマダコより美味しくないと言われるが、それがミズダコ(水蛸)の名前の由来にもなっており、また、その為に食感としてはミズダコの方が歯触りが良いともいわれる。体の大きさから含まれるタウリンの多さでもマダコをしのいでいます。メスの方がオスよりも味が良いという方も多い。 また、吸盤が大きいという理由からミズダコのほうを好む方もいる。
漁期 ミズダコは1月~4月が旬。
食べ方 マダコの代わりにあらゆるタコ料理として利用され、正月料理に使われるタコの多くはミズダコである。そして、その大部分が煮ダコか酢ダコに加工されています。煮ダコ、タコ刺し、タコしゃぶなどの色々なレシピで、正月料理には酢蛸などに。その他、口(顎板:通称タコトンビ)として。料理方法として、刺身(足、頭)寿司、たこ焼き(足、頭)の他には、おでんや塩茹で、燻製、酢蛸、塩辛(イカの塩辛とは別物)などもある。近年、生ダコを冷凍してからスライスにした”たこしゃぶ(しゃぶしゃぶ)”が人気を集めています。
販売 輪島支所では、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!
★ネット直販「宅配サービス」のご注文はこちらまで⇒


ページの先頭に戻る

ネット直販 『宅配サービス』輪島の旬をご自宅に!

輪島支所では、ネット直販「宅配サービス」 にて、季節折々の新鮮な旬の魚・魚介類を”浜値”でお届けしております。ぜひこの機会に輪島の海の幸をお楽しみください!

ネット直販 「宅配サービス」
⇒ ネット直販 「宅配サービス」 輪島の魚・魚介類を浜値でお届け!!

< ご注文方法 >

ご注文は、ご注文フォーム(wajima-soumu07@nsknet.or.jp) または、お電話(070-5552-1434 受付時間:平日9:00~17:00)で承っております。
※別途送料がかかります。
※各商品入れ合わせのセット買いも可能です。
※海女手摘み天然わかめ「塩蔵わかめ」は、石川県アンテナショップでも販売しています。

その時々の旬のお魚を、お客様の要望に応じてお選びいたします。
詰め合わせの内容・価格など、ご要望がございましたら遠慮なくお申し付けください。

ご注文方法/ネット直販 『宅配サービス』

HOME / わじまのお魚 / 春夏秋冬のお魚たち / 冬
11月6日 加能ガニ解禁&かにまつり
輪島 海女採りあわび
輪島 海女採りさざえ

▼JFいしかわ輪島支所へのアクセス

▼JFいしかわ輪島支所のFacebook